メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

クローズアップ2018

財務省セクハラ認定 問題軽視、慌てて幕引き 混乱拡大で強気一転

記者会見する財務省の矢野康治官房長=東京都千代田区で27日午後、渡部直樹撮影

 財務省は27日、週刊新潮が報じた福田淳一前事務次官のセクハラ行為を認め、懲戒処分相当とすることを発表して決着を図った。しかし、ここまで問題が大きくなったのは、被害者の訴えを軽視するかのような強気の対応を取ったからだ。批判が殺到する中、麻生太郎副総理兼財務相を含め、同省のセクハラに対する甘い認識も傷口を広げた。安倍晋三政権としては連休前に幕引きを急いだ形だが、麻生氏への批判は根強く難局は続きそうだ。

この記事は有料記事です。

残り1866文字(全文2067文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 海からイノシシ、窒息死させて返り討ち 長崎の50代男性に警察官もビックリ

  2. 声優の後藤淳一さんがバイク事故で死亡 「名探偵コナン」など出演

  3. 難病を紹介する動画 人気声優が拡散に一役

  4. トランプ氏「感染者が日本から帰国、聞いてない」 高官に当たり散らす 米紙報道

  5. クルーズ船対応、各国批判 「防疫の概念ないのか」「新たな震源地」「失敗した実験」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです