メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
クローズアップ2018

財務省セクハラ認定 問題軽視、慌てて幕引き 混乱拡大で強気一転

記者会見する財務省の矢野康治官房長=東京都千代田区で27日午後、渡部直樹撮影

 財務省は27日、週刊新潮が報じた福田淳一前事務次官のセクハラ行為を認め、懲戒処分相当とすることを発表して決着を図った。しかし、ここまで問題が大きくなったのは、被害者の訴えを軽視するかのような強気の対応を取ったからだ。批判が殺到する中、麻生太郎副総理兼財務相を含め、同省のセクハラに対する甘い認識も傷口を広げた。安倍晋三政権としては連休前に幕引きを急いだ形だが、麻生氏への批判は根強く難局は続きそうだ。

この記事は有料記事です。

残り1866文字(全文2067文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「敵に塩」ならぬ「相手投手に水」 仙台育英・小濃が星稜・荻原に「まだ先が長いんだから」

  2. 青島氏僅差でリード 大野氏が激しく追う 与野党激戦 埼玉知事選情勢

  3. 「何するんですか」容疑者逮捕に抵抗 あおり運転 逮捕の女も叫び騒然

  4. 犯人蔵匿・隠避容疑で51歳女逮捕 あおり運転 逮捕の男は暴行認める

  5. WEB CARTOP 高速道路で走っているパトカーを追い越してはいけないのか?

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです