メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

南北首脳会談

北朝鮮「歴史的決断」 国内で初めて報道

 【ソウル堀山明子】北朝鮮の朝鮮中央通信は28日、金正恩(キムジョンウン)朝鮮労働党委員長と韓国の文在寅(ムンジェイン)大統領が27日の首脳会談後に発表した「板門店宣言」について、「完全な非核化」を目標にするとした文言も含めそのまま報じた。また、両首脳が手をつないで軍事境界線を往来したことを「歴史に初めて刻まれる感動のシーンとして全世界に大きな衝撃」を与えたと紹介。金委員長の「歴史的な決断」を強調することで、6月初旬までに開かれる米朝首脳会談に向けた地ならしをしているとみられる。

 北朝鮮メディアが今回の南北首脳会談を報じたのは初めて。議題については「朝鮮半島平和保障問題、朝鮮半島非核化問題などについて意見交換した」と説明したが、踏み込んだ論評はなかった。

この記事は有料記事です。

残り923文字(全文1254文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 庄司智春、新型コロナ感染 妻・藤本美貴と3人の子どもは「まだ症状なども出ておらず元気」

  2. 吉永小百合さん「泳いで恒彦さんのところに…」 渡哲也さん死去

  3. 「パンパン」から考える占領下の性暴力と差別 戦後75年、今も変わらぬ社会

  4. 俳優の渡哲也さん死去 78歳 ドラマ「西部警察」 「くちなしの花」ヒット 石原プロ前社長

  5. 犬の散歩中、男性はねられ死亡 運転の大学生「LINE来たのでスマホを」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです