メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
米独首脳会談

米、対イラン強硬崩さず 保護貿易でも溝

 【ワシントン三木幸治、ベルリン中西啓介】トランプ米大統領は27日、ホワイトハウスでメルケル独首相と会談した。トランプ氏はメルケル氏との友好関係の演出に努める一方、欧州連合(EU)が求める関税制裁措置の恒久的除外や、離脱を強く示唆するイラン核合意の維持については強硬な姿勢を崩さなかった。欧州では、米国が5月に対EU制裁発動と核合意離脱に踏み込むことに懸念が高まっている。

 トランプ氏は会談後の記者会見で「我々は対EU貿易で1510億ドル(約16兆4500億円)の赤字を抱…

この記事は有料記事です。

残り388文字(全文624文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「反日は一部」「少し感情的」日韓市民、一層の関係悪化を懸念 GSOMIA破棄に

  2. 中谷元防衛相「最悪の決断」 韓国のGSOMIA破棄に

  3. 韓国の見切りに日本「まさか」「困るのは…」 GSOMIA破棄

  4. 東京パラスペシャルサポーター・香取慎吾さん「できるだけ多くの人、観戦して」

  5. 米国防総省「強い懸念と失望表明」 韓国のGSOMIA破棄で声明

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです