メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

銭湯百景

/4 タイルに映る家族の力

開店20分前から常連客たちが続々と入り口に集まってきた

 <くらしナビ ライフスタイル>

 神奈川県鎌倉市材木座の「清水湯」は、旧鎌倉市街地で唯一の銭湯。近代日本の代表画家、黒田清輝のアトリエ跡地に建つ瓦屋根の建物は、1955年創業当時のまま。一時は廃業を検討したが、2代目が家族の協力を得ながら二足のわらじで営業を続けている。

 ●幼いころの思い出

 浴場内の天窓から明るい光が差し込む。中央に配置された浴槽奥の壁には金魚やコイが描かれた九谷焼のタイル。床のタイルは今は珍しい六角形。ところどころ補修されているのが形の違いからわかる。

 「ガスに変える20年前まで、子どものころから1週間分のまきを作るのが自分の仕事でした」。清水湯の2…

この記事は有料記事です。

残り1852文字(全文2139文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 三越伊勢丹 再編を加速 札幌の1館閉鎖検討
  2. 米ユダヤ系団体 ナチス帽着用でBTS非難
  3. 福岡県警 イオン来店ポイント詐取容疑、男逮捕
  4. 大リーグ エンゼルス大谷がア・リーグ新人王
  5. 東京地裁 不審なはがきに注意呼びかけ 実在しない名で

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです