メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

今週の本棚

沼野充義・評 『ニュルンベルク合流 -「ジェノサイド」と「人道に対する罪」の起源』=フィリップ・サンズ著

 (白水社・5616円)

本当の主役は二つの町

 評者は昨年の九月、ウクライナのリヴィウで開催された世界ペン大会に出席した折、同地の国立大学の大ホール(この本の舞台にもなっている)で著者の記念講演を聞く機会に恵まれた。そのときはこの本のことも、その著者のことも何も知らなかったのだが、聞き始めるとすぐに、その比類なく雄弁で魅力的な語りに引き込まれ、このリヴィウという町を起点にして、ホロコーストを生き延び世界に散らばっていった人々の数奇な運命の交錯のあまりに劇的な展開に驚嘆したのだった。

 その講演のもとになっていたのが本書『ニュルンベルク合流』である。六百ページを超える大部の本で、東欧…

この記事は有料記事です。

残り1136文字(全文1428文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 前の客にぴったり付いて改札、4年間で80万円 キセル疑いで男を書類送検 大阪府警

  2. 秋元司衆院議員の関係会社を捜索 元政策秘書が設立 不透明な資金移動か 東京地検

  3. 「中村先生の命を守れなかった。ごめんなさい」 成田に在日アフガン人ら集まる

  4. 秋元衆院議員、元秘書周辺を捜索 任意で事情聴く 東京地検

  5. 公明・山口代表、升酒乾杯で「迷惑かけた」 桜を見る会めぐり陳謝

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです