メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

キズとカタチの総合医

子供のケガ、まず洗浄=桜井裕之・東京女子医科大学形成外科教授

キズケアの日のポスター

 大型連休がやってきました。連休終盤の5月5日、こどもの日は「キズケアの日」でもあることをご存じでしょうか。日本創傷外科学会と日本形成外科学会が日本記念日協会に申請し、昨年認定を受けました。

 この日を記念日に選んだのは子供(キッズ)とキズの連想からで、子供にケガはつきものだからです。

 専門医がキズや傷痕を治療することで、よりきれいに短時間で治すことが期待できると、多くのみなさんに知ってほしい。私たち形成外科医は、そんな願いを抱きつつ、啓発活動に取り組んでいるのです。

 さて、連休中にお孫さんが訪ねて来るのを心待ちにしているおじいちゃん、おばあちゃんも多いことと思いま…

この記事は有料記事です。

残り686文字(全文971文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 北海道地震でデマ 道警、警戒呼びかけ「本震が来る」「中国の実験が原因」 鳩山元首相投稿も
  2. 堀ちえみさん、11時間にわたるがんの手術終わる 夫がブログで報告
  3. ORICON NEWS 堀ちえみ『金スマ』で涙の告白 当初は緩和ケア望むも、娘の一言でがん闘病決意
  4. 落語家の笑福亭松之助さんが死去、93歳 明石家さんまさんの師匠
  5. 受験と私 鳩山由紀夫さん「東大の合格確率は5%以下だった」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです