メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
きょうのセカンドオピニオン

膵のう胞、がんの危険性は=答える人・斎浦明夫部長(がん研有明病院、肝・胆・膵外科)

 Q 膵のう胞、がんの危険性は

 腹部超音波検査で膵臓(すいぞう)に約2センチの膵のう胞と膵管拡張が見つかりました。経過観察と言われましたが、がんになる可能性は高いのでしょうか。(栃木県真岡市、男性、77歳)

 A 経過観察の例が最多

 膵臓は胃の裏側にある横に細長い臓器です。消化酵素である膵液を十二指腸に分泌して食物の消化を促す働きと、インスリンなどのホルモンを血液中に分泌し体のバランスを保つ働きがあります。

 膵液が流れる膵管には、直径1~2ミリの太い主膵管と、そこから分岐した分枝膵管があります。膵管が何ら…

この記事は有料記事です。

残り676文字(全文930文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 韓国政府、GSOMIAを破棄へ 安保会合で決定

  2. 東京パラスペシャルサポーター・香取慎吾さん「できるだけ多くの人、観戦して」

  3. 韓流パラダイム 文大統領は「盗っ人たけだけしい」と言ったのか プロ通訳と読み解いた

  4. ORICON NEWS 島耕作、会長退任で相談役就任 「役職は永遠のネタ」とネット上話題

  5. 「NHKと契約したら受信料は義務」政府が答弁書 スクランブル放送には否定的見解

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです