メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

体操

全日本選手権 スペシャリストに光 種目別枠、東京五輪に新設 得意の大技で勝負

【種目別・男子】安里圭亮の跳馬=東京体育館で2018年4月28日、宮武祐希撮影

 体操の全日本選手権第2日は28日、東京体育館で男子種目別トライアルが行われた。6種目の個人総合で世界選手権(10月開幕、ドーハ)の代表入りを争う内村航平(リンガーハット)らとは異なり、得意種目で勝負するスペシャリストが「個人枠」という別の道で、2020年東京五輪を目指している。

 東京五輪は各国最大6人が出場できる。団体総合は従来の5人から4人に削減されたが、新たな出場枠が加わった。種目別のワールドカップ(W杯)の成績によって与えられる個人枠はその一つだ。

 18年11月から20年3月まで8戦行われ、3大会の成績で争われる。ただし、各国に与えられるのは1枠…

この記事は有料記事です。

残り329文字(全文609文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. セクシーの意味は「魅力的」と政府答弁書 直近5年で閣僚発言なし 小泉氏発言

  2. 「声をかける暇もなかった」遺体発見 なぜ…悔やむ生存者 福島・本宮

  3. 目黒虐待死 懲役18年求刑された父、涙で「本当に本当にごめんなさい」

  4. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

  5. ラグビーW杯観戦後、酔って警備員の顔殴った容疑 電通新聞局長を逮捕 容疑を否認

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです