メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

体操

全日本選手権 スペシャリストに光 種目別枠、東京五輪に新設 得意の大技で勝負

【種目別・男子】安里圭亮の跳馬=東京体育館で2018年4月28日、宮武祐希撮影

 体操の全日本選手権第2日は28日、東京体育館で男子種目別トライアルが行われた。6種目の個人総合で世界選手権(10月開幕、ドーハ)の代表入りを争う内村航平(リンガーハット)らとは異なり、得意種目で勝負するスペシャリストが「個人枠」という別の道で、2020年東京五輪を目指している。

 東京五輪は各国最大6人が出場できる。団体総合は従来の5人から4人に削減されたが、新たな出場枠が加わった。種目別のワールドカップ(W杯)の成績によって与えられる個人枠はその一つだ。

 18年11月から20年3月まで8戦行われ、3大会の成績で争われる。ただし、各国に与えられるのは1枠…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 九州新幹線にミッキーデザイン登場 5月17日から半年の期間限定
  2. アクセス NGT48・山口真帆さん卒業表明で運営側への批判再燃 識者は「最悪の幕切れ」
  3. 漫画で解説 クルド人ってどんな人たち?の巻
  4. インドネシア選管「職員119人死亡」 大統領選と総選挙で「過労」
  5. 埼玉・川口の小学校でクルド人いじめ深刻 支援者「特別視せず平等に対応を」 

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです