メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

体操

全日本選手権 スペシャリストに光 種目別枠、東京五輪に新設 得意の大技で勝負

【種目別・男子】安里圭亮の跳馬=東京体育館で2018年4月28日、宮武祐希撮影

 体操の全日本選手権第2日は28日、東京体育館で男子種目別トライアルが行われた。6種目の個人総合で世界選手権(10月開幕、ドーハ)の代表入りを争う内村航平(リンガーハット)らとは異なり、得意種目で勝負するスペシャリストが「個人枠」という別の道で、2020年東京五輪を目指している。

 東京五輪は各国最大6人が出場できる。団体総合は従来の5人から4人に削減されたが、新たな出場枠が加わった。種目別のワールドカップ(W杯)の成績によって与えられる個人枠はその一つだ。

 18年11月から20年3月まで8戦行われ、3大会の成績で争われる。ただし、各国に与えられるのは1枠…

この記事は有料記事です。

残り329文字(全文609文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 菅原経産相指示「この人はカニ、この人はイクラね」 立憲が元秘書の音声データ公開

  2. 「イノシシが園内に」 台風の影響で移動か 東京・国営昭和記念公園が臨時閉園

  3. 「職員室が怖かった分、子供といる時間幸せで…」いじめ被害教諭メッセージ全文

  4. 近江・林ドラフト指名なし「3年後は必ず」 決意胸に社会人の強豪西濃運輸へ

  5. 「即位礼正殿の儀」に合わせ政令恩赦を閣議決定 対象者は55万人

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです