雑記帳

520人が犠牲になった…

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
本多一助さん(左)から3000本目のつえを受け取る上野村の黒沢八郎村長=群馬県上野村で2018年4月28日午後3時35分、鈴木敦子撮影
本多一助さん(左)から3000本目のつえを受け取る上野村の黒沢八郎村長=群馬県上野村で2018年4月28日午後3時35分、鈴木敦子撮影

 520人が犠牲になった日航ジャンボ機墜落事故現場「御巣鷹の尾根」(群馬県上野村)の慰霊登山に訪れる人が支えにするつえを手作りしてきた男性が28日、3000本目を村に寄贈した。

 男性は、群馬県藤岡市の本多一助(いちすけ)さん(77)。事故から7年後の1992年から、近所の河川敷に生えたニセアカシアの…

この記事は有料記事です。

残り135文字(全文285文字)

あわせて読みたい

注目の特集