メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

訃報

竹本住太夫さん 93歳=文楽太夫、人間国宝

 人形浄瑠璃文楽の太夫で文化勲章受章者、人間国宝の竹本住太夫(たけもと・すみたゆう、本名・岸本欣一=きしもと・きんいち)さんが28日、肺炎のため死去した。93歳。通夜は30日午後6時、葬儀は5月1日午後0時半、大阪市阿倍野区阿倍野筋4の19の115の大阪市立やすらぎ天空館。喪主は妻光子(みつこ)さん。

 幼い頃から養父の六代目竹本住太夫(人間国宝)の稽古(けいこ)を受け、1946年、二代目豊竹古靱太夫(こうつぼだゆう)(後の豊竹山城少掾(とよたけやましろのしょうじょう))に入門。豊竹古住太夫(こすみたゆう)を名乗り、同年8月、四ツ橋文楽座で「勧進帳」の番卒(番兵)を語り初舞台。文楽が2派に分裂した上、興行的に厳しかった戦後の苦しい時期を生き抜き、修業を続けた。

この記事は有料記事です。

残り1955文字(全文2288文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ジャパンライフに8000万円投じた女性 「安倍首相らが広告塔なので信用」

  2. 大坂なおみ選手起用「かわいさ」狙った広告に集まった批判 その背景は

  3. 「郵便局や銀行は潰れる」不安に駆られジャパンライフに退職金投入 後悔の日々

  4. 「縦割り110番」にメール3000通 河野氏、反響大きく受け付け一時停止

  5. 安倍前首相の師、加藤節さんが嘆く哲学の欠如 前政権で始まった「政府の暴走」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです