メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

松尾貴史のちょっと違和感

繰り返される暴言、詭弁 理解に苦しむ悪目立ち

松尾貴史さん作

 財務事務次官によるセクシュアルハラスメント問題で、任命責任や管理能力のみならず、多数の暴言、詭弁(きべん)、強弁で見聞きする者の神経を逆なでし続ける麻生太郎財務大臣は、この件だけではなく、何度辞めても足りないほど思慮と想像力に欠ける発言で政治家の品位をおとしめてきた。彼がもともとそういうキャラクターであるということで「仕方がない」と納得する人も多いようだが、最近の彼は「どうせ近々辞めるからどうでもいい」と考えているのではないかと想像する。

 取材時の不遜な態度といったら、ひとごとながら恥ずかしくて閉口してしまう。主要20カ国・地域(G20…

この記事は有料記事です。

残り1369文字(全文1641文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 加害者更生 ストーカー治療2割 大半が受診拒否
  2. 松尾貴史のちょっと違和感 新潟女児殺害 2次被害に無神経なメディア
  3. 安倍首相 観閲式視察 中国、北朝鮮をけん制
  4. 介護 人手不足続く 需要高まるも負担増で悪循環に
  5. 故郷遥か 川口のクルド人 第3部/1 来日16年、入管収容の女性 「日本にいさせて」 /埼玉

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]