メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

松尾貴史のちょっと違和感

繰り返される暴言、詭弁 理解に苦しむ悪目立ち

松尾貴史さん作

 財務事務次官によるセクシュアルハラスメント問題で、任命責任や管理能力のみならず、多数の暴言、詭弁(きべん)、強弁で見聞きする者の神経を逆なでし続ける麻生太郎財務大臣は、この件だけではなく、何度辞めても足りないほど思慮と想像力に欠ける発言で政治家の品位をおとしめてきた。彼がもともとそういうキャラクターであるということで「仕方がない」と納得する人も多いようだが、最近の彼は「どうせ近々辞めるからどうでもいい」と考えているのではないかと想像する。

 取材時の不遜な態度といったら、ひとごとながら恥ずかしくて閉口してしまう。主要20カ国・地域(G20…

この記事は有料記事です。

残り1369文字(全文1641文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 総務省 携帯料金、大容量で東京が最高額 世界6都市比較
  2. 大相撲秋場所 稀勢の里、逸ノ城に完敗
  3. 安室さんコンサート 療育手帳提示で入場できず 返金へ
  4. 仙台 交番で警官刺され死亡 襲撃の男、別の警官が射殺
  5. 仙台・警官刺殺 死亡の男は21歳大学生

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです