メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

南北首脳会談

金正恩委員長「日本と対話する用意ある」

握手する北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長(左)と韓国の文在寅大統領=韓国・板門店で2018年4月27日、韓国共同写真記者団撮影

日韓首脳電話協議で安倍首相が文大統領から説明受ける

 安倍晋三首相は29日、韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領と約40分間電話で協議し、27日の南北首脳会談の結果について説明を受けた。文大統領は、北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長との会談で日本人拉致問題を提起したことや、金委員長が「いつでも日本と対話する用意がある」と話したことなどを報告した。日韓両首脳は、拉致問題の早期解決に向けて連携することや、完全な非核化に向けて北朝鮮に具体的行動を促すことで一致した。

 韓国の青瓦台(大統領府)によると、文大統領は電話協議で、首脳会談の際に金委員長に「安倍首相も北朝鮮…

この記事は有料記事です。

残り721文字(全文1010文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 西日本豪雨 あの尾畠さん、今度は広島のボランティアに
  2. アジア大会 競泳表彰式で中国と日本の国旗が落下トラブル
  3. アジア大会 ボランティアに破格の報酬 18日夜開会式
  4. 近鉄 ホームに沈む可動柵 新型、数年内導入
  5. 福岡4人水死 「離岸流」原因か

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです