メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

長良川鉄道

観光列車「川風」試乗 見慣れた光景も新鮮に

長良川鉄道の観光列車「川風」=岐阜県関市元重町の関駅で

 第三セクター、長良川鉄道(岐阜県関市)の観光列車「ながら」の第2弾「川風」が18日から運行を始めた。「川風」は長良川のそよ風を感じながら旅するイメージで名付けられた。外装は「ながら」と同じロイヤルレッドで、内装の天井や壁は白を基調に清涼感を演出。床は色の異なる天然木を組み合わせた寄木(よせぎ)仕上げで「木の国ぎふ」をアピールする。試乗体験をリポートする。【立松勝】

 下りの出発地点「関駅」がある関市は鎌倉時代から刀鍛冶の伝統を受け継ぐ刃物産業が盛んだ。5月11日に…

この記事は有料記事です。

残り1362文字(全文1596文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. バーガーキング大量閉店も「撤退の予定ありません」 新たな20店舗はどこに?
  2. ポルシェで時速200キロ 芦屋の医師を危険運転致死容疑で追送検
  3. 都公安委 吉沢ひとみ被告の免許取り消し
  4. 40年間以上無免許運転の男逮捕 「面倒くさくてお金もないので」と更新せず
  5. 大阪女児不明 友梨さんの父が手記公表「些細な情報でも」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです