メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

スプリント

Tモバイル合併交渉進展 29日にも発表か

 【ワシントン清水憲司】複数の米メディアは27日、ソフトバンクグループ傘下の米携帯電話4位スプリントと同3位のTモバイルの合併交渉が進展し、早ければ29日にも発表すると報じた。両社は過去にも合併を交渉し協議がまとまらなかった経緯がある。実現すれば米携帯電話業界でトップのベライゾン・コミュニケーションズ、2位のAT&Tの「2強」に匹敵する規模になる。

 報道によると、Tモバイルの親会社ドイツテレコムはスプリントの企業価値を260億ドル(約2・8兆円)と見込み、合併会社の株式42%、議決権比率としては69%を確保する方向で交渉が進んでいるといい、ソフトバンク側が経営権をドイツテレコムに渡すことになる。合併が実現すれば、加入者数は1億人を超えて2強に肩を並べることになり、米携帯電話業界は3陣営に集約される。

この記事は有料記事です。

残り232文字(全文586文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 質問15項目に菅首相答弁わずか10分 野党反発、与党も「さすがにまずい」

  2. 視聴室 新番組・俺の家の話

  3. バグダッド中心部で自爆テロ 32人死亡、110人負傷

  4. 二階氏「ケチつけるな」に見え隠れする「権力集中の弊害」

  5. 政府への怒り・いら立ちが書き込みの大半に 一部でマスコミ批判も 毎日新聞世論調査

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです