メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

子ども食堂

地域住民が協力8割 貧困家庭への周知課題

 子どもに無料や低額で食事を提供する「子ども食堂」の約8割で、地域住民が運営や調理、食材提供などに関わっているとの調査結果を、農林水産省がまとめた。食堂を支える住民の草の根活動が定着しつつある一方、約4割は貧困家庭などに来てもらう難しさも感じており、情報発信の課題も浮かぶ。

 子ども食堂の取り組みは2012年ごろから始まり、運営者団体の調査では今年3月までに全国2200カ所以上に広がっている。農水省は昨年10~11月、民間団体や全国の社会福祉協議会に協力してもらいインターネットや郵送で実態を調べ、274件の回…

この記事は有料記事です。

残り384文字(全文640文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「ホテル三日月」従業員に感染なし 武漢チャーター機帰国者が宿泊

  2. 「感染者2校以上確認で全府立学校を14日間休校」大阪府コロナ対策本部会議

  3. 東京と北海道で高齢者死亡 相模原、長野、愛知などで新たに15人感染

  4. 「支援物資の恩返し」武漢を代表し渋谷でマスク配る かぶり物の中国人女性話題に

  5. 岐阜県で初の感染者1人 新型コロナ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです