脱原発首長会議

「事前了解権」周辺自治体にも要望

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

 35都道府県の現・元市区町村長100人でつくる「脱原発をめざす首長会議」は28日、水戸市で開いた総会で、各電力会社に対し、原発の再稼働や運転延長に際しては立地自治体に加え、周辺自治体にも「事前了解権」を認める安全協定を結ぶよう求める決議を採択した。日本原子力発電が東海第2原発(茨城県東海村)につい…

この記事は有料記事です。

残り187文字(全文337文字)

あわせて読みたい

ニュース特集