メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

弘前さくらまつり

内堀が巨大スクリーン 「デジタル花筏」開始 弘前公園 /青森

 100周年を迎えた「弘前さくらまつり」(5月6日まで)が開かれている弘前市の弘前公園で、ゴールデンウイーク初日の28日夜、桜の花びらがお堀の水面を埋め尽くす「花筏(はないかだ)」の映像を投影した「デジタル花筏」が始まった。5月5日(午後7~9時)まで。

 石垣の改修で水を抜いた下乗橋付近の内堀を新たな観光スポットにしようと、市や弘前商工会議所などでつくる「弘前観桜会100…

この記事は有料記事です。

残り281文字(全文468文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「最下位おかしい」魅力度ランキングで栃木県 11月知事選の争点に

  2. #排除する政治~学術会議問題を考える 学術会議は問題あるが…それでも小林節氏が首相を糾弾する理由

  3. #排除する政治~学術会議問題を考える 「だんまり決め込むなら、学術会議はなくなったらいい」木村幹教授の痛烈投稿 その真意は

  4. 「財研」記者日記 (1)財務省の花形ポスト「主計官」 喜怒哀楽に富む意外な素顔

  5. バイデン氏にリード許すトランプ氏に勝ち目がある理由とは 負けても粘る「蜃気楼」宣言

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです