メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ハナモモ

満開 GWは「桃源郷」へ 大野で観賞イベント /福井

福井県大野市の和泉地区で見ごろを迎えたハナモモ=同市朝日町の道の駅「九頭竜」で、大森治幸撮影

 赤やピンク、白の鮮やかな花を咲かせるハナモモが大野市の和泉地区(旧和泉村)で見ごろを迎えた。5月3~6日には道の駅九頭竜(大野市朝日)などで観賞イベントがあり、お茶会や苗木の即売会が催される。主催する実行委員会には和泉地区を「桃源郷」と呼ばれるまでにさせた“仕掛け人”がおり、参加を呼びかけている。

 ひな祭りでも飾られるハナモモはバラ科の樹木。1本の木に3色の花を咲かせるのが特徴で、植樹された約1600本が一斉に咲き誇る和泉地区は県外にも名所で知られる。

 この植樹活動の“仕掛け人”は実行委の事務局長で、県内のラジオ局での勤務経験がある福井市の中村健次さ…

この記事は有料記事です。

残り422文字(全文701文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. チュート徳井さん設立の会社、1億2000万円申告漏れ 東京国税局が指摘

  2. 再審無罪が確実の元看護助手、安堵の表情「両親が安心する」 滋賀・病院患者死亡

  3. 島根大、4学部で新選抜 へるん入試、21年度「一般、特定型」 好奇心や課題意識を重視 /島根

  4. サッカーキング アディダスが日本代表新ユニのリークへ声明発表…正式発表は後日実施へ

  5. 即位の礼 来日中のドゥテルテ大統領、饗宴の儀欠席 バイク事故で痛み、前倒し帰国へ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです