メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ドローン

救助訓練を撮影 市職員、運用の場を増やしたい 赤目四十八滝渓谷で実験 名張 /三重

赤目四十八滝渓谷であった救助訓練で行われたドローンの実証実験=三重県名張市赤目町長坂で、衛藤達生撮影

 小型無人機ドローンを防災などの自治体の業務に活用するため、名張市は防災科学技術研究所(本所・茨城県つくば市)と共同して実証実験を行っている。24日には赤目四十八滝渓谷であった警察と消防の合同救助訓練にドローンを操縦する市職員が同行し、訓練風景などを上空などから撮影した。【衛藤達生】

 防災科学技術研究所の井上公主任研究員は「小型UAV(ドローン)を用いた災害リスク監視・対応のための情報収集・利用システムの開発」が研究テーマ。名張市など三重県内の6自治体と紀勢地区広域消防組合にドローンを貸し出し、主に防災面で自治…

この記事は有料記事です。

残り388文字(全文646文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 福岡 大濠公園の池、元福岡銀頭取死亡 事故と事件で捜査
  2. 日大アメフット 解雇無効求め内田前監督が大学提訴
  3. BTS 絶叫、すすり泣き…騒動の渦中、コンサートでは何が 会場外ではファン批判演説
  4. 中央防災会議 南海トラフ前兆 M8級「半割れ」で要避難
  5. ライフスタイル 仕事がデキる人はもれなく「習慣の奴隷」である ──『天才たちの日課』(GetNavi web)

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです