メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

シンポジウム

動物芸術の可能性追求 復元画家ら意見交換 「生き物教育の柱にも」 阿倍野 /大阪

 恐竜などの古生物復元画家ら動物芸術家が集まったシンポジウム「動物芸術の挑戦」がこのほど大阪市阿倍野区で開かれ、「生命力の表現を大切にしている」「産業と結び付いた発展が期待できる」などの意見が出された。パネリストから「動物芸術美術館をつくろう」という構想も飛び出した。【西村哲治】

 主催の「ヒトと動物の関係学会」会長、若生謙二・大阪芸大教授は「動物園展示では解説サインも重要になるが、日本には動物を表現する専門家が少なく動物芸術家の育成が必要」と考え、2年前に動物芸術論の講義を始めた。その時の特別講師らが登場…

この記事は有料記事です。

残り384文字(全文639文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「優しく温厚。成人式で会えると…」 大阪・巻き添え死 女子学生の友人が涙

  2. 大阪・梅田HEP FIVEで高校生転落し死亡 路上の19歳巻き添え意識不明

  3. 24歳兄が妹・弟を包丁で刺す 犯行後飛び降りか、兄は死亡 東京・東村山

  4. #排除する政治~学術会議問題を考える 行革や効率性で「文句を言う人」飛ばす怖さ 菅政権の新自由主義 重田明大教授

  5. 時代の風 菅政権1カ月 民主主義の本質は議論=藻谷浩介・日本総合研究所主席研究員

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです