メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

シンポジウム

動物芸術の可能性追求 復元画家ら意見交換 「生き物教育の柱にも」 阿倍野 /大阪

 恐竜などの古生物復元画家ら動物芸術家が集まったシンポジウム「動物芸術の挑戦」がこのほど大阪市阿倍野区で開かれ、「生命力の表現を大切にしている」「産業と結び付いた発展が期待できる」などの意見が出された。パネリストから「動物芸術美術館をつくろう」という構想も飛び出した。【西村哲治】

 主催の「ヒトと動物の関係学会」会長、若生謙二・大阪芸大教授は「動物園展示では解説サインも重要になるが、日本には動物を表現する専門家が少なく動物芸術家の育成が必要」と考え、2年前に動物芸術論の講義を始めた。その時の特別講師らが登場…

この記事は有料記事です。

残り384文字(全文639文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS ビートたけし、吉本興業を痛烈批判「だったら雇うなよ。最低保証くらいしろよ」
  2. 吉本・岡本社長 22日に会見 宮迫さんらの会見受け
  3. 松尾貴史のちょっと違和感 「入れたい人いない」 白馬の王子、いつまで待つ気なのか
  4. 宮迫さん、田村さん会見詳報(1)「反社会勢力なんて知り合いにおるわけない」
  5. ORICON NEWS 金子ノブアキ、RIZEメンバー2人の逮捕を謝罪「更生を願う」 金子賢輔容疑者は実弟

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです