メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

熊本地震

被災者つなぐBBQ 70人が親睦深め、悩み共有 益城 /熊本

 仮設団地、みなし仮設、在宅の枠を超えて熊本地震の被災者が交流する「つながるわくわくBBQ(バーベキュー)」が29日、熊本県益城町田原のホテル「エミナース」野外広場で開かれ、約70人がバーベキューの網を囲んで談笑した。

 自宅再建や災害公営住宅の建設が進む中、仮設、みなし、在宅それぞれが抱える苦しさを理解しあうことで、仮暮らし後のコミュニティー作りのきっかけ…

この記事は有料記事です。

残り270文字(全文449文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 強まる大阪府の要求に反発 コロナ患者の引き受けが難しい民間病院の事情

  2. 死者増さらに加速か 4000人から5000人まで14日間 高齢者で死亡率高く

  3. ファミマ・お母さん食堂に異議 声上げた高校生に「慎吾ママ」生みの親がエール

  4. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

  5. ビニール袋に包まれた母 触れることさえできない別れ 心の中で「ごめんね」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです