メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

余録

魚のコイ、海藻のワカメ、植物のクズに…

[PR]

 魚のコイ、海藻のワカメ、植物のクズに、「侵略者」のイメージは伴わない。だが実際は、国際自然保護連合の「世界の侵略的外来種ワースト100」に含まれる。どれも日本発の侵略者で、海外の訪問先では生態系を脅かす厄介者らしい▲ところが、外でのご迷惑はタナに上げ、関心は日本に到着する外来種に向かいがちだ。強い毒を持つヒアリは、特に厳重警戒の対象となった。「入ってくれば(被害の拡大は)なかなか抑えられない」。今月国会で、与党議員が話題にしていた▲ただし本題はヒアリではなく、外国人技能実習生だった。彼らは観光客より長く滞在するから、結核などの集団感染を発生させるリスクも高い。そう言って、母国で予防接種を受けた証明がなければ入国させないよう求めた▲一方、入国前の予防接種を義務づけていない国もある。移民受け入れで先進的なカナダだ。入国後、必要に応じてワクチンを接種すればいい。予防接種は基本的に無料。健康な体で長くカナダにいてほしいからだ。外来種扱いはしない▲人手不足が深刻化する中、実習生を、安くて便利な労働力として利用する事例が増え、問題化している。原発事故があった福島県では、本人が知らないまま技能実習とは関係のない除染作業をさせられていた▲外来種が有害なのは、土着の生物との共生の歴史がないからだ。人は工夫と努力で共生できるし、そうしなくてはならない。外来の手なしでは経済が回らないほど依存しているならなおさらだ。

    おすすめ記事
    広告
    毎日新聞のアカウント
    ピックアップ
    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 「帽子なくして注意したら『本当の父親じゃない』に激高」供述 さいたま小4遺棄

    2. ラグビーW杯、なぜ「旭日旗」騒動ないの?五輪では日韓対立

    3. 職場で体調崩し、女性は死亡した 119番まで「3時間40分」早められたのか

    4. さいたま小4殺害 一家を知る人ら「信じられない」「なぜ」 遺棄容疑、父逮捕に

    5. 遺棄容疑で逮捕の父「若くてすらっとした印象」 「親子3人仲が良さそうだった」との声も

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    今週のおすすめ
    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです