メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

クローズアップ2018

「日朝対話の用意」 「拉致」打開へ真意探る

韓国の文在寅大統領との電話協議を終え、記者の質問に答える安倍晋三首相=首相官邸で2018年4月29日、渡部直樹撮影

 北朝鮮の金正恩(キムジョンウン)朝鮮労働党委員長が南北首脳会談で「いつでも日本と対話する用意がある」と語っていたことが明らかになり、日朝対話再開の可能性が高まった。しかし、北朝鮮は最近も日本を激しく批判しているだけに、発言の真意を測りかねている日本政府内には、拉致問題解決に向けた期待と、日本を揺さぶり制裁解除などを狙っているのではないかとの疑念との双方が渦巻く。

この記事は有料記事です。

残り2009文字(全文2192文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東名あおり運転デマ投稿、強制起訴の被告が死亡

  2. 「自宅籠城を」 小倉城が緊急事態宣言仕様の「御城印」をネット限定販売

  3. 匿名の刃~SNS暴力考 あおり運転の「ガラケー女」に誤認、今も続く中傷 それでも「裁判通し誰かの役に立ちたい」

  4. バスマットから考えるアスベスト問題 輸入された石綿、いまだに販売 発症は数十年後 誰もが被害者になる恐れ

  5. 救急搬送の辞退も 介護施設内でコロナ患者9人が最期 埼玉・戸田

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです