メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
米国

国務長官中東歴訪 対イラン結束図る 封じ込め協議

リヤドに到着し、サウジアラビアのジュベイル外相(手前右)と並んで歩くポンペオ米国務長官(同左)=リヤドで2018年4月28日、ロイター

 【カイロ篠田航一】ポンペオ米国務長官は28日、サウジアラビアの首都リヤドを訪れ、就任後初の中東歴訪を開始した。30日までにイスラエルとヨルダンも訪問する。米国、サウジ、イスラエルはいずれもイランと対立しており、トランプ米大統領がイラン核合意の見直し期限とする5月12日が迫る中、イランへの対応について結束を確認する。

 ポンペオ氏は29日のサルマン・サウジ国王らとの会談後、「イランは中東地域全体を不安定化させている」…

この記事は有料記事です。

残り441文字(全文650文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 杉田水脈議員の「住所さらし」ツイートは間違いだった 「扇動」責任の行方は

  2. 水卜麻美アナウンサー 24時間テレビ「24時間駅伝」4人目のランナーに

  3. ペットフードからサルモネラ菌 犬14匹死ぬ、汚染原因は不明

  4. やじ相手に3歳長男を投げつけ容疑 阪神ファン書類送検

  5. 揺らぐ高確度ミサイル追尾 細心配慮の協定水の泡 GSOMIA破棄

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです