メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

独仏英首脳電話協議

核合意「米は残留を」 追加協議の用意

 【ベルリン中西啓介】ドイツ政府は29日、メルケル首相がマクロン仏大統領、メイ英首相と相次いで個別に電話協議したと発表した。ザイベルト独政府報道官によると、トランプ米大統領が離脱を示唆するイラン核合意について「3首脳は改めて、米国が合意にとどまることを支持する考えを表明した」という。

 マクロン氏は現在の核合意を補う「新たな…

この記事は有料記事です。

残り232文字(全文394文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 感染者全国5番目、死者は東京に次ぐ2番目 なのになぜ愛知は「宣言」対象外?

  2. 8日以降臨時休業の店も 先行きに不安の声広がる 緊急事態宣言対象の福岡県

  3. 首相、緊急事態宣言を発令 7都府県対象、5月6日まで

  4. ライブハウス自粛影響調査 困窮浮き彫り 札幌のバンド有志「他業種が声上げるきっかけに」

  5. 首相「感染者1カ月後8万人超えも」 接触機会7~8割減で「2週間後減少に」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです