メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

記者ノート

お断りの手紙を書く

 どのように断るか。どのように断られたら納得するか。

 名古屋市の菊華(きくか)高校で国語を教える稲生直子さん(54)は10年前から「ラブレターに対するお断りの手紙を書く」をテーマに授業をしている。プロポーズのラブレターが届いたと仮定し、生徒にお断りの手紙を書いてもらいクラスで共有。どの内容なら諦められるか、諦められないかを議論する。

 問題意識の出発点はかつて勤務した高校の女子生徒の恋愛観だった。交際相手に嫌われることを避け、嫌だと思うことでも相手に言えなかったり、スカートや胸元が開いた服を着ないよう交際相手から束縛されることを容認したりしていた。高校生の間にも広がるデートDVの現状に男女平等教育の必要性を痛感したという。そして性別に関わらず「自分らしさ」を育むため「断りつつも関係をつくること」を考える授業を考案した。

この記事は有料記事です。

残り152文字(全文515文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「結婚は認める」しかし… 秋篠宮さま、重い立場に複雑 「見える形」での説明求める

  2. 「多くの人が納得し喜んでくれている状況ではない」 秋篠宮さま会見全文

  3. 「親としては尊重。結婚を認める」 秋篠宮さま、眞子さまの思い表明に

  4. 「菅語」を考える 論理的でない受け答え「首相の器ではない」 上西充子法政大教授

  5. 無人駅、東京でも1割 障害者に支障 国、指針策定へ 国交省調査

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです