連載

くらしナビ・ライフスタイル

日々の暮らしが豊かになる情報をお届けします。

連載一覧

くらしナビ・ライフスタイル

介護担う子ども、日々過酷

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
ヤングケアラーが担うケアの例
ヤングケアラーが担うケアの例

 大人が担うような家族の世話や介護を引き受ける子どもや若者を「ヤングケアラー」という。ここ数年で実態調査が進められたり、当事者が体験を語ったりして、存在が社会に認識されつつある。当事者が何に困り、どのような支援を必要としているのか探った。

 ●大人に代わり世話

 「お漏らしした。早く家に帰ってきて」。今春大学を卒業した東京都内のユウカさん=20代、仮名=は高校の授業中、約5年前に亡くなった祖母からこんな電話をよく受けた。

 祖母のケアが必要になったのは、ユウカさんが福岡県内の実家にいた高校1年の時だ。もともと祖母は祖父と2人で実家とは別の場所に住んでいたが、祖父が脳梗塞(こうそく)で倒れ、介護施設に入所。足が悪く、一人では外出がままならない祖母を1週間おきに預かるようになった。

この記事は有料記事です。

残り1941文字(全文2281文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集