メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

週刊サラダぼうる・きらり

心落ちつく「居場所」に ヨルダンでシリア難民の子ら支援 松永晴子さん

「キャンプの女の子たちもおしゃれが好きです」。現地を訪ねたフォトジャーナリスト、安田菜津紀さんの写真展会場で話す松永晴子さん=東京都渋谷区の聖心女子大学で21日

 <ki ra ri>

 目をキラキラさせた子どもたちが、わあっと寄ってくる瞬間がうれしい。「持ってきた殻付きの種を授業中こっそり食べている子なんかもいて『先生にしかられるぞ』と、にやにやしながら見ています。先生の質問は、答えが分からなくてもみんな手を挙げます」

 ヨルダンの首都アンマンに来て7年。認定NPO法人国境なき子どもたち(KnK)の現地統括責任者として、隣国シリアからきた難民の子どもたちの教育支援を続ける。

 ヨルダンは2017年4月時点で約65万人の難民を受け入れている。KnKは市民と難民がともに暮らす地域(ホストコミュニティー)では補習授業、12年に開設されたザアタリ難民キャンプでは情操教育や相互理解のスキルを身に着けるプログラムなどを、それぞれ公立校で提供してきた。授業で教えるのは現地で採用した教員で、松永さんはヨルダン政府や国連機関など他団体と調整し、現地のニーズに沿った運営ができるよう目配り…

この記事は有料記事です。

残り1332文字(全文1740文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 1本20万円超の水を勝手に注文、支払い巡り女性を脅した容疑でホスト逮捕

  2. まさかの「車道」でも 沖縄、あまりにも多い「路上寝」 年7000件超、死亡事故も

  3. 東京都、新たに389人の感染確認 5日ぶりに300人超 新型コロナ

  4. ORICON NEWS 関ジャニ∞ 安田章大の写真集発売が決定 脳腫瘍の闘病中の写真も収録「僕に触れてみて」

  5. 犬の散歩中、男性はねられ死亡 運転の大学生「LINE来たのでスマホを」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです