体操

全日本選手権 谷川翔、美しく先輩超え

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
優勝した谷川翔のあん馬の演技=東京体育館で2018年4月29日、宮間俊樹撮影
優勝した谷川翔のあん馬の演技=東京体育館で2018年4月29日、宮間俊樹撮影

 体操の世界選手権(10月開幕、ドーハ)の代表選考会を兼ねた全日本選手権の最終日の29日、男女の個人総合決勝が行われ、男子は予選2位の谷川翔(かける)=順大=がこの日は86・465点、予選との合計172・496点で初優勝した。19歳2カ月での優勝は1996年の塚原直也の19歳4カ月を上回り、史上最年少となった。

 予選1位の白井健三(日体大)は0・332点差の2位。予選5位の内村航平(リンガーハット)はこの日トップの86・566点をマークし、谷川翔と0・832点差の3位まで巻き返したが、国内大会の個人総合では2008年9月の全日本学生選手権以来の敗戦。

この記事は有料記事です。

残り1681文字(全文1960文字)

あわせて読みたい

注目の特集