メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

体操

全日本選手権 内村11連覇ならず 19歳・谷川翔、新王者

鉄棒の演技を終えて内村航平(右)と握手する男子個人総合で優勝した谷川翔=東京体育館で2018年4月29日、宮間俊樹撮影

 2020年東京五輪に向けて、体操ニッポンに世代交代のうねりが起きた。体操の全日本選手権が29日、東京体育館で行われ、男子個人総合で12年ロンドン、16年リオデジャネイロ両五輪金メダリストの29歳、内村航平(リンガーハット)は3位となり、11連覇を逃した。優勝は順天堂大2年の谷川翔(かける)。史上最年少の19歳2カ月で新王者となった。

 内村は演技後、すがすがしい表情で谷川と握手をかわした。「晴れやかな気分。ようやく解放された。負けた…

この記事は有料記事です。

残り258文字(全文476文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 気象庁、台風19号を命名へ 42年ぶり

  2. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

  3. 「声をかける暇もなかった」遺体発見 なぜ…悔やむ生存者 福島・本宮

  4. 平均39.2%、最高53.7% ラグビーW杯日本戦 関東地区視聴率で今年1位

  5. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです