メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

南スーダン

豆拾い、握りしめる少女 難民キャンプルポ

食料配給用の袋からこぼれ落ちた豆を拾うニャビュテュ・ボスさん。不安そうな表情でうつむいて歩き、一粒一粒拾っては、大事そうにシャツの端で包んだ=南スーダン・ジュバで2018年4月14日、小川昌宏撮影

 内戦による混乱が続く南スーダン。首都ジュバの国連敷地内の避難民キャンプに今月中旬、記者が入った。食料配給が行われていたキャンプ脇の路上で配給用の袋からこぼれた豆を拾い集める少女の姿があった。

 ニャビュテュ・ボスさん(8)。「お母さんと来たの」との記者の問いかけに「1人で来た」と答え、集めた豆をシャツに包んで握りしめた。空腹に耐えているのだろうか。不安げな表情で記者を見つめると、雑踏の中に姿を消した。

 南スーダンは20年以上の内戦を経て2011年にスーダンから分離独立したが、政府軍と反政府勢力が内戦…

この記事は有料記事です。

残り377文字(全文629文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新潮45休刊 突然の決断、予想超えた批判
  2. 質問なるほドリ 非正規雇用、増えているの? 年々増加 過去最多2036万人に=回答・福島祥
  3. 新潮45休刊 「組織ぐるみ擁護に怒り」新潮社前でデモ
  4. 伊方再稼働許可 「福島の事故忘れたか」被爆者ら怒り
  5. 大相撲 貴乃花親方「告発は真実」 信念貫き、角界去る

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです