メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

米国務長官

米、対イラン結束図る 封じ込め協議 

リヤドに到着し、サウジアラビアのジュベイル外相(手前右)と並んで歩くポンペオ米国務長官(同左)=リヤドで2018年4月28日、ロイター

サウジ首都リヤド訪問、就任後初の中東歴訪を開始

 【カイロ篠田航一】ポンペオ米国務長官は28日、サウジアラビアの首都リヤドを訪れ、就任後初の中東歴訪を開始した。30日までにイスラエルとヨルダンも訪問する。米国、サウジ、イスラエルはいずれもイランと対立しており、トランプ米大統領がイラン核合意の見直し期限とする5月12日が迫る中、イランへの対応について結束を確認する。

 ポンペオ氏は29日のサルマン・サウジ国王らとの会談後、「イランは中東地域全体を不安定化させている」…

この記事は有料記事です。

残り442文字(全文674文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 即位の礼 来日中のドゥテルテ大統領、饗宴の儀欠席 バイク事故で痛み、前倒し帰国へ

  2. 即位の礼 饗宴の儀、華やかに 皇后陛下ロングドレス 出席者も鮮やか民族衣装で

  3. 即位の礼 小ダイ姿焼き、フカヒレ茶わん蒸し、加薬飯、イセエビ吸い物…饗宴の儀、秋づくしの和食で

  4. 共産党「現行憲法に抵触」即位礼など欠席 他の主要政党は祝意

  5. 即位の礼 神々しさ演出 幕開き初めてお姿 即位礼 国民主権兼ね合い議論足りず

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです