メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

NPO

孤立化防げ…「ひきこもり」当事者の全国組織発足

名は「Node」 当事者目線で国に支援政策提言も視野に

 全国のひきこもり経験者や当事者が連携して情報発信を行うネットワーク組織、NPO法人「Node」(ノード、事務局・東京)が今月設立された。ひきこもりの長期化が社会問題になる中、当事者同士でつながりを持ち孤立化を防ぐ狙いがある。ゴールデンウイーク(GW)後にはイベントを開催するなど本格的に活動を始める。

 ひきこもり当事者が体験を語り合う自助グループなどはこの数年で各地にできたが、全国組織は初めて。東京、神奈川、大阪、札幌などの9団体のメンバーが理事に就き、英語で「結び目」を意味するNodeと名付けた。

この記事は有料記事です。

残り340文字(全文619文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ヤングケアラー~幼き介護 認知症の母を殺さなかった少女 元ヤングケアラー 27歳の今

  2. 乱交パーティー数十回主催 福岡県警職員を懲戒免職、売春防止法違反で起訴

  3. 「パパ活への興味本位で」少女にみだらな行為 小学校教諭、懲戒免職 福岡県教委

  4. 二“人”六脚-保護犬イブと暮らして 熱中症でやせるイブ 犬にかまれ大けがも やがて穏やかな表情に

  5. 「このままでは皇室消滅」「女性皇族の議論なさ過ぎ」 専門家4氏が口にした危機感

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです