メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大分

グーグル車など「迷い車」 なぜ歩行者専用道路に

グーグル車が進入した歩行者専用道路の入り口。標識(左上)があり、商店街が設置した看板(右下)もある=大分市中央町で2018年4月4日、田畠広景撮影

安全確保に頭悩ます商店街 大分中央署は標識増やしたが…

 インターネット検索大手グーグルのサービス「ストリートビュー」に使用する映像の撮影車両が3月30日、大分市中央町の歩行者専用道路のアーケード商店街を無許可で走行、周囲は一時、騒然とした。しかし、商店街の関係者によると、「年に2回くらい迷い込む車がある」という。騒動の背景を取材すると、安全確保に頭を悩ます商店街の姿があった。

 「商店街を徒歩で撮影したい」。グーグルの担当者から3月29日、竹町通商店街振興組合にこう打診があっ…

この記事は有料記事です。

残り981文字(全文1220文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「中村先生の命を守れなかった。ごめんなさい」 成田に在日アフガン人ら集まる

  2. 中村哲医師殺害 政府、襲撃情報を把握 中村医師も警戒 アフガン

  3. 「悔しくて仕方ない」「一緒に仕事、人生の宝」中村哲さん銃撃死 今も慕う人びと

  4. 40代半ば ソウル下宿日記 韓国人客の消えた対馬に釜山から行ってみた

  5. 中村哲さん、無言の帰国 妻、長女らがひつぎに花束 葬儀は11日、福岡市で

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです