メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

体操

内村、11連覇逃す 谷川翔が最年少優勝 全日本

初優勝し記念撮影に応じる谷川翔(中央)。左は2位の白井健三、右は3位の内村航平=東京体育館で2018年4月29日、宮間俊樹撮影

21歳の白井健三2位 女子個人総合は村上茉愛3連覇

 体操の世界選手権(10月開幕、ドーハ)の代表選考会を兼ねた全日本選手権は最終日の29日、東京体育館で男子個人総合決勝が行われ、2012年ロンドン、16年リオデジャネイロ両五輪金メダリストの29歳、内村航平(リンガーハット)は3位となり、11連覇を逃…

この記事は有料記事です。

残り210文字(全文360文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「面倒見の良い人」救助ヘリ落下死 女性悼む住民たち

  2. ナイトスクープ、西田敏行さん降板へ 2代目局長18年

  3. 武蔵小杉タワマン停電 全面復旧見えず

  4. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

  5. 「アラ探そうと躍起」 群馬の山本一太知事、ネットで記者批判

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです