メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

自転車レース

鹿嶋から八戸まで「ツール・ド・鹿八」開幕

市民らに見送られ、鹿島神宮をスタートする参加者たち=茨城県鹿嶋市宮中で2018年4月29日、根本太一撮影

 茨城県鹿嶋市から青森県八戸市まで約800キロを自転車で走る「ツール・ド・鹿八(しかはち)」が29日、スタートした。東日本大震災の復興支援イベントで太平洋岸の被災地を巡り、5月5日の到着を目指す。

 震災3年後の2014年に始まり、5回目の今年は首都圏やオーストラリアなどから9人が参加。岩手県釜石市で…

この記事は有料記事です。

残り135文字(全文285文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 西日本豪雨 あの尾畠さん、今度は広島のボランティアに
  2. アジア大会 競泳表彰式で中国と日本の国旗が落下トラブル
  3. アジア大会 ボランティアに破格の報酬 18日夜開会式
  4. 近鉄 ホームに沈む可動柵 新型、数年内導入
  5. WEB CARTOP 高速道路が渋滞していても一般道に降りないほうがいいワケ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです