メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

体操

「肩の荷下りた」絶対王者の内村、重圧からの解放か

鉄棒の演技を終えて内村航平(右)と握手する男子個人総合で優勝した谷川翔=東京体育館で2018年4月29日、宮間俊樹撮影

優勝は19歳2カ月の谷川翔に内村「まさか翔とは」とも

 2020年東京五輪に向けて、体操ニッポンに世代交代のうねりが起きた。体操の全日本選手権が29日、東京体育館で行われ、男子個人総合で12年ロンドン、16年リオデジャネイロ両五輪金メダリストの29歳、内村航平(リンガーハット)は3位となり、11連覇を逃した。代わって優勝したのは順天堂大2年の谷川翔(かける)。この種目では史上最年少の19歳2カ月で新たな王者となった。

 内村は演技後、すがすがしい表情で谷川と握手をかわした。「晴れやかな気分。ようやく解放された。負けた…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 池袋暴走 被害者遺族のコメント全文「少しでも犠牲者いなくなる未来を」
  2. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  3. 陸上の小出義雄さん死去 高橋尚子さんら育成 80歳
  4. 新たに30代母と2歳女児の軽傷が判明 死傷者は計12人に 池袋暴走事故
  5. 夫「大切な2人失ってつらい」 池袋暴走、母娘の告別式

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです