メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

柔道

原点の「前に出て得意の内股」で優勝の原沢

決勝で、王子谷剛志(左)を攻める原沢久喜=東京・日本武道館で2018年4月29日、宮武祐希撮影

柔道全日本選手権(29日・日本武道館)

 不振に沈んでいた原沢久喜(日本中央競馬会)が復活ののろしをあげた。9分を超える激戦を制して優勝を決めると、目頭を押さえて喜びをかみしめた。「(優勝の)意味は大きい」とほっとした表情を見せた。

 決勝はリオ五輪前に逆転で代表をつかんだ原点に立ち返り、前に出て得意の内股をかけ続けた。王子谷剛志(旭化成)も「一番いい」という大外刈りをかけ続けてくる。「執念で戦った」という原沢に最後は相手が根負けした。王子谷は疲労から、技をかけきれずに足元に突っ込み、かけ逃げ…

この記事は有料記事です。

残り372文字(全文619文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 勝間和代さんパートナーシップ解消 LGBT活動家の増原裕子さんと

  2. 富山・朝日町教委、竹田恒泰氏講演中止 「教育勅語広める」授業に批判

  3. 安倍政権で費用2倍「桜を見る会」は税金で何をしているのか

  4. 京都選挙区、立憲新人の増原氏が落選

  5. 自衛官2人、10分居眠りで停職 弾薬庫の警備中 兵庫・伊丹

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです