メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

柔道

高藤直寿と橋本壮市、中量級勢が奮闘

2回戦で、石内裕貴を攻める高藤直寿=東京・日本武道館で2018年4月29日、宮武祐希撮影

柔道全日本選手権(29日・日本武道館)

 前年の世界選手権王者に与えられる推薦枠で出場した60キロ級の高藤直寿(パーク24)と73キロ級の橋本壮市(パーク24)が体重無差別の戦いに挑んだ。高藤が30キロ、橋本も15キロ以上も重い相手と対戦。ともに初戦で敗れたものの、会場を沸かせた。

 先に登場したのは橋本。相手と距離をとっ…

この記事は有料記事です。

残り206文字(全文366文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「松本走り」「茨城ダッシュ」「伊予の早曲がり」…地域特有の危険運転に苦慮

  2. 和歌山・御坊祭 暴力団トップ寄贈の旗掲げる「分かっていたが…」「注意するのも…」

  3. WEB CARTOP 高速道路で走っているパトカーを追い越してはいけないのか?

  4. WEB CARTOP 安全性も走行性能もクルマは大幅に進化したのに50年前のまま! 日本の制限速度はなぜ見直されないのか

  5. ドレスコード違反? 「違和感」招いた安倍昭恵氏の即位礼の衣装とは

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです