メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

特集ワイド

「火垂るの墓」「アルプスの少女ハイジ」残した高畑勲さん 優しい世界目指した表現者

岡山大空襲の経験を語る高畑勲さん=東京都小金井市のスタジオジブリで2015年、徳野仁子撮影

 「火垂(ほた)るの墓」や「アルプスの少女ハイジ」で知られるアニメーション監督、高畑勲さんが82年の生涯を閉じた。映像作品の芸術性を極限まで高めようと挑戦し続け、現代社会に向けて強いメッセージを発信してきた巨匠が、私たちに残したものは何だろうか。【奥村隆】

 訃報から1週間たった4月13日、日本テレビは予定を変更し、高畑さんの代表作「火垂るの墓」を追悼放映した。1988年4月の公開から30年。この映画を万感込めて見た女性がいた。原作の野坂昭如さん(2015年、85歳で他界)の妻暘子(ようこ)さん(76)だ。

 「高畑先生が宝物を残してくださった。心からそう思いました。今もキナ臭い世の中で、いろいろ起こりそうな気配がしますから。この作品がもっと世界中で流れたらどんなにいいかと感じます」

この記事は有料記事です。

残り2397文字(全文2741文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「俺コロナだけど」 ドラッグストア店の業務妨害容疑で54歳男逮捕 埼玉

  2. コープこうべ、開店後30分間を高齢者ら専用に 「知らなかった」引き返す一般客も

  3. 感染者全国5番目、死者は東京に次ぐ2番目 なのになぜ愛知は「宣言」対象外?

  4. 「海女の支援に」 アワビ稚貝と真珠のピンバッジが人気

  5. 新型コロナ 名古屋、往来ひっそり 愛知、緊急事態宣言対象外

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです