メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大阪府警

Fukurouの目、ひき逃げ逃がさぬ 「Fシステム」開発 防犯カメラ、夜でも車種特定

Fシステムの仕組み

 大阪府警がひき逃げ事件の捜査で使うコンピューターソフトを独自に開発し、摘発に効果を発揮している。夜間の防犯カメラの映像は不鮮明だが、ヘッドライトの位置など車の特徴から短時間で車種を特定したり絞り込んだりできる。夜目が利くフクロウの頭文字から「Fシステム」と名付けた。現在、30都府県の警察で活用されており、府警の担当者は「さらに改良して捜査に役立てたい」と意気込む。【宮川佐知子】

 府警によると、Fシステムは2011年、パソコンの表計算ソフトを応用して開発された。防犯カメラの映像…

この記事は有料記事です。

残り780文字(全文1021文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. トランプ大統領「貿易交渉で大きな進展」 ゴルフ・昼食時に首相と協議か
  2. トランプ氏、首相とのゴルフ直前にツイート「ゲーリー大好きだ」
  3. 安倍首相が“速報ツイート”「同盟、さらに揺るぎないものに」 トランプ氏とのゴルフ終了
  4. 北海道・佐呂間で39.5度、5月史上最高 「体温超え」北海道10カ所以上
  5. 名古屋・栄で男性刺され死亡 トラブルでけんかか 男1人を逮捕

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです