メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

美食地質学入門

第2講 タケノコ 白子すくすく“酸欠の泥”

巽好幸先生(右)、大引伸昭先生の話に、「エコール 辻 大阪」の学生も興味津々で聴き入った=大阪市阿倍野区で、菅知美撮影

 美食と地質の秘められた関係を解き明かす「美食地質学」。第1講は、瀬戸内海が身の締まった明石ダイをはぐくんでいるのを明らかにしましたが、タケノコも瀬戸内海が関係しているようなんです。どういうこと?

 今回の食材、タケノコのブランドは京都盆地の西に位置する西山(京都府長岡京市や向日市など)と呼ばれる地域だ。日本料理の大引伸昭先生に説明していただこう。

大引「白子(しろこ)がたくさん出るんです。全体的に白っぽく、アクがなくてものがいい。中でも物集女(も…

この記事は有料記事です。

残り1787文字(全文2011文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 強制性交等・監禁 県立病院の元看護師起訴 /福井
  2. もとをたどれば 鳥貴族 全品均一価格、成長の力に
  3. 首相検討 甘利氏、党要職起用へ 2日に閣僚認証式
  4. 防弾少年団 秋元康氏作詞の新曲発表中止 ファン批判で
  5. 司法試験 最年少合格は慶大1年生「周りの人たちへ感謝」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです