メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

味のある喫茶店

/1 やまいち 砂川 炭鉱町の盛衰見守る /北海道

 「去年の春まで悲別にいたんだ。昔は良かったけど今はもう駄目さ。炭鉱はつぶれる寸前だし、国鉄だってひどい赤字でじきなくなるっていう噂(うわさ)がある」--。

 1984年、倉本聰さんの脚本で日本テレビ系列で放映されたドラマ「昨日、悲別で」。男女の恋愛や友情と共に、砂川周辺の架空の炭鉱町、悲別の衰退を主人公たちが嘆いたセリフも反響を呼んだ。

 砂川駅の隣にある喫茶店「やまいち」は半世紀以上、地域の盛衰を見守ってきた。60年代前半(昭和30年代末)ごろに開業。ドラマでは、天宮良さんや石田えりさんが演じる主人公たちが悩みや青春の葛藤を語り合う喫茶店として登場。今も窓ガラスにドラマの中での「駅舎」という店名が残り、壁には出演者や別のドラマの撮影で訪れた秋吉久美子さんらの色紙が残る。

この記事は有料記事です。

残り965文字(全文1304文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. スーパーのカゴ、金網まで…BBQごみ「いたちごっこ」 禁止でも放置やまず

  2. コロナ患者また抜け出し 大阪の療養ホテルから 府が警備員増員する直前

  3. 「60」は首相の推薦者 桜を見る会、招待者名簿を初開示 06年開催

  4. 中村文則の書斎のつぶやき コロナから逃げる政権

  5. 御巣鷹墜落事故で救出、今は3児の母に 川上慶子さんの伯父が振り返る35年

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです