メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

立て看板

規制の京大に疑問 学生や市民100人参加し座談会 /京都

 京都大が、本部のある吉田キャンパス(京都市左京区)周囲の立て看板を1日から規制するのに対し、30日夕、学生や職員、市民ら約100人が参加し、文学部校舎で座談会が開かれた。文学部の卒業生で映画監督の瀬々敬久(ぜぜたかひさ)さんと、市内在住の美術家、伊藤存(ぞん)さんが「○○からみた立て看規制vol・1」と題して意見を出し合い、大学の姿勢などに疑問を投げかけた。

 学生時代に映画部で立て看を作った瀬々さんは「立て看がある町はドラマや出会いが生まれる。自由がなくな…

この記事は有料記事です。

残り225文字(全文456文字)

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 国会前 「安倍政権退陣」デモ集会に8500人
  2. フィギュア P・チャンさんら哀悼 デニス・テンさん死亡
  3. 時代の風 豪雨当日の宴会や死刑「実況」 今やるべきはそれか?=中島京子・作家
  4. フィギュア デニス・テンさん殺害される ソチ五輪銅
  5. 男児熱射病死 救急要請遅れか マニュアル具体的指示なし

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]