メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

山陰・この人

ローカルジャーナリスト 田中輝美さん(42) 地域の鉄道守りたい /島根

JR三江線の写真展の会場で「廃線は地域の可能性を減らしてしまう」と語る田中輝美さん=島根県江津市で、山田英之撮影

田中輝美(たなか・てるみ)さん

 JR三江線(広島県三次市-島根県江津市)は3月31日に最終運行日を迎えた。「廃線で涙が枯れるくらい泣いた。二度とこんな思いはしたくない」。三江線の写真展を開催していた江津市内の会場で、悔しそうに語った。元新聞記者で、現在は「ローカルジャーナリスト」。19歳から20年かけてJR全線に乗車した「乗り鉄」でもある。

 新聞社を辞める時、いろいろな人に「東京に行くんだね。頑張ってね」と言われ、県外に出ると勘違いされた…

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 過激ゆるキャラ「ちぃたん☆」に頭抱える高知・須崎市 「観光大使」自称 
  2. 横綱・稀勢の里引退 初場所3連敗、再起ならず
  3. 高知・須崎市、1年でふるさと納税300倍 成功の裏にゆるキャラと“名演出家”
  4. デルタ航空、福岡・ハワイ線撤退へ
  5. 人気低迷 せんとくんの「年収」、全盛期の3%にまで激減

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです