メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

山陰・この人

ローカルジャーナリスト 田中輝美さん(42) 地域の鉄道守りたい /島根

JR三江線の写真展の会場で「廃線は地域の可能性を減らしてしまう」と語る田中輝美さん=島根県江津市で、山田英之撮影

田中輝美(たなか・てるみ)さん

 JR三江線(広島県三次市-島根県江津市)は3月31日に最終運行日を迎えた。「廃線で涙が枯れるくらい泣いた。二度とこんな思いはしたくない」。三江線の写真展を開催していた江津市内の会場で、悔しそうに語った。元新聞記者で、現在は「ローカルジャーナリスト」。19歳から20年かけてJR全線に乗車した「乗り鉄」でもある。

 新聞社を辞める時、いろいろな人に「東京に行くんだね。頑張ってね」と言われ、県外に出ると勘違いされた…

この記事は有料記事です。

残り724文字(全文945文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 宮内庁 仁徳天皇陵を発掘へ 今月下旬から堺市と共同で
  2. 今どきの歴史 世界遺産候補 百舌鳥・古市古墳群(大阪府) 悩ましき被葬者論争
  3. 大山古墳 40メートル大きかった 築造当時、全長525メートル 宮内庁測量 周濠の水面下にも墳丘
  4. 歴史散歩・時の手枕 大山古墳(仁徳天皇陵、堺市堺区) 風格堂々 都会の森
  5. 強盗 現金5100万円奪われる 顔面に液体塗りつけられ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです