観光潮干狩り

復活 30年ぶり天然アサリ 熊本・宇土市で網田漁協 /熊本

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 熊本県宇土(うと)市長浜の有明海の干潟で、地元の網田(おうだ)漁協が観光潮干狩りを始めた。天然アサリの観光潮干狩りは同市では約30年ぶりの復活。

 長浜の地先では旅館組合による観光潮干狩りが昭和50年代まで盛んに行われていたが、アサリ資源の枯渇で衰退。一軒だけ残る旅館が成貝をまいた干潟を観光客に開放する形でニーズに応え…

この記事は有料記事です。

残り242文字(全文402文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集