メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外JOC竹田会長が退任表明 6月の任期満了で
公文書クライシス

政務三役、公務に私用メール 記録残らぬ恐れ

 「政務三役」と呼ばれる大臣、副大臣、政務官の経験者を対象に毎日新聞が公務でのメールの使用状況を取材したところ、7人が公用メールを使わず、私用メールや通信アプリ「LINE(ライン)」を使っていたと証言した。公文書管理法は政府の意思決定過程を記録するよう定めているが、政府は私用メールを同法の対象外とみなしており、私用メールが公務に使われた場合、重要な記録が残らなくなる恐れがある。

 政務三役には、不正アクセスなどを防ぐセキュリティー対策が施された公用メールのアドレスが与えられる。…

この記事は有料記事です。

残り850文字(全文1090文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 天然記念物のジュゴン1頭の死骸発見 沖縄
  2. 青森市議、今度は盗聴疑い 議員控室内をスマホで録音
  3. 「どう接したら…」 職員に戸惑いも 暴言の明石市長3選
  4. 「いだてん」ピエール瀧容疑者の代役は三宅弘城さん
  5. 小室圭さんが謝罪コメント発表 母の金銭トラブルで経緯説明

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです