米朝首脳会談

板門店検討 トランプ氏示唆「第三国より象徴的」

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 トランプ米大統領は30日、6月初旬までの開催が予定される米朝首脳会談の場所について、韓国と北朝鮮の軍事境界線がある板門店を検討していることをツイッターで示唆した。

 トランプ氏は「多くの国が開催地として検討されているが、南北の境界にある(韓国側施設の)『平和の家』『自由の家』が第三国よりも象徴的で重…

この記事は有料記事です。

残り90文字(全文240文字)

あわせて読みたい

注目の特集