王毅・中国外相

あす訪朝 金正恩委員長と会談か

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 【北京・河津啓介】中国外務省は30日、王毅国務委員(副首相級)兼外相が5月2~3日に北朝鮮を訪問すると発表した。北朝鮮の李容浩(リヨンホ)外相のほか、金正恩(キムジョンウン)朝鮮労働党委員長と会談する見通し。北朝鮮が南北首脳会談の内容を中国側に直接説明し、米朝首脳会談に向けた中朝の連携を確認するとみられる。

 王氏は訪朝中、南北首脳が署名した「板門店宣言」に盛り込まれた「完全な非核化」の進め方について北朝鮮とすり合わせ、将来の習近平国家主席の訪朝についても意見交換する見通しだ。中朝関係は3月26日の首脳会談によって改善し、中国が北朝鮮の後ろ盾となり、米国と相対する構図になっている。「板門店宣言」でも「南北米中の4者協議の推進」が明記され、中国が1953年に米朝と3者で署名した朝鮮戦争休戦協定を「年内に…

この記事は有料記事です。

残り159文字(全文514文字)

あわせて読みたい

注目の特集