連載

社説を読み解く

前月の社説の主なテーマを取り上げ、毎日新聞がどんな議論を経てそういう主張をしたのか、他紙とも比較しながら解説します。

連載一覧

社説を読み解く

南北首脳会談 「非核化」優先か「南北」重視か=論説委員・海保真人

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
手を取り合って軍事境界線を越える北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長(左)韓国の文在寅大統領=韓国・板門店で4月27日、韓国共同写真記者団
手を取り合って軍事境界線を越える北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長(左)韓国の文在寅大統領=韓国・板門店で4月27日、韓国共同写真記者団

朝日・新たなページ/産経・大きな前進なく/毎日・流れ止めるな

 米国のトランプ大統領と北朝鮮の金正恩(キムジョンウン)朝鮮労働党委員長が相対する史上初の米朝首脳会談を見据え、4月27日に南北首脳会談が開催された。それに先立って同17日、18日には日米首脳会談も開かれた。

 南北会談に関しては、韓国紙の間でも評価が大きく分かれた。北朝鮮の非核化への姿勢に焦点を当てるか、それとも南北融和の度合いを重視するかという判断の違いである。

 非核化への実際の行動は重要だが、南北融和の進展がその環境を醸成することも確かである。日本の各紙の論調にも濃淡があった。

この記事は有料記事です。

残り2151文字(全文2424文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集