メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

社説を読み解く

南北首脳会談 「非核化」優先か「南北」重視か=論説委員・海保真人

手を取り合って軍事境界線を越える北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長(左)韓国の文在寅大統領=韓国・板門店で4月27日、韓国共同写真記者団

朝日・新たなページ/産経・大きな前進なく/毎日・流れ止めるな

 米国のトランプ大統領と北朝鮮の金正恩(キムジョンウン)朝鮮労働党委員長が相対する史上初の米朝首脳会談を見据え、4月27日に南北首脳会談が開催された。それに先立って同17日、18日には日米首脳会談も開かれた。

 南北会談に関しては、韓国紙の間でも評価が大きく分かれた。北朝鮮の非核化への姿勢に焦点を当てるか、それとも南北融和の度合いを重視するかという判断の違いである。

 非核化への実際の行動は重要だが、南北融和の進展がその環境を醸成することも確かである。日本の各紙の論…

この記事は有料記事です。

残り2161文字(全文2424文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ラグビーW杯、なぜ「旭日旗」騒動ないの?五輪では日韓対立

  2. 「帽子なくして注意したら『本当の父親じゃない』に激高」供述 さいたま小4遺棄

  3. 韓国、文大統領の支持率40%に下落 就任以降最低

  4. さいたま小4殺害 一家を知る人ら「信じられない」「なぜ」 遺棄容疑、父逮捕に

  5. 遺棄容疑で逮捕の父「若くてすらっとした印象」 「親子3人仲が良さそうだった」との声も

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです